アンダーハンドストロークのおすすめ練習3選!バドミントンを上達させよう!

上達するには?

バドミントンをしていると、必ず1回は打つ機会が訪れるアンダーハンドストローク。

アンダーハンドストロークが苦手!という人も多いですが、マスターしなければ大会で勝つことはできません。

そこで今回は、アンダーハンドストロークのおすすめ練習を3つご紹介します。

アンダーハンドストロークとは?

そもそもアンダーハンドストロークとは、手前に落とされたシャトルを腰よりも低い打点で打つときに使用します

体勢としてはこんな感じです。👇

引用:バドミントンのサイドハンドストローク打ち方スロー動画あり

このような体制で打つショットのことをアンダーハンドストロークと呼びます。

アンダーハンドストロークの打ち方のコツは?

一般的に、手首でくいッと返すようにしてアンダーハンドストロークを打ちます。

ただ、どうしてもアンダーハンドストロークが上達しない人も多いと思います。
そういった方はコツを掴めていないことがほとんど。

そこで、アンダーハンドストロークの打ち方のコツについてご紹介します。

つま先をシャトルに向ける

まずは、踏み込んだ足のつま先をシャトルに向けてください。👇

引用:アンダーハンドストロークの打ち方とコツ

基本的な体勢はこれにになりますので、崩さないようにしましょう。

ラケットで「つ」を描く

続いて、ラケットで空中に大きな「つ」を描くイメージで振ってください

インパクトの瞬間にピタッとラケットの動きを止めてしまう人がいますが、これはNG。
しっかりと最後まで振りぬくことで、正しいアンダーハンドストロークが打てるようになります。

後は繰り返し型を覚えていきましょう。

高い打点でシャトルを捉える

低い打点でシャトルを捉えるには、それだけひざを曲げて踏み込む必要があります

ひざを曲げすぎると、次のショットに対応できなくなるケースがほとんどです。
なるべく高い打点でシャトルを捉えて、次のショットに備えるようにしてください。

また、自分がアンダーハンドストロークで打ったシャトルは最後まで目を離さないのがPOINTです。

アンダーハンドストロークのおすすめ練習3選!

では本題の、練習方法3選です。

文字で「ここはこうして!」と書いても伝わらないと思いますので、YouTubeの動画をご紹介します。
YouTubeには数多くのアンダーハンドストロークの練習動画が投稿されていますが、どれを見ればいいのかがわからない人が多いです。

そのため、厳選して3つだけご紹介します。

【トレリング×じみ練】アンダーハンドストロークの基本を身につける素振り練習

こちらはシャトルを使わない素振り練習となります。

【バドミントン授業用動画】④アンダーハンド・ストロークの練習方法・指導法

こちらはシリーズ化して丁寧に解説をしてくれていますので、じっくり見ておきましょう。

アンダーハンドストローク 能登則男のバドミントン上達育成術

こちらはかなりロジカルに解説してくれていますので、是非。

まとめ

今回はアンダーハンドストロークの練習方法をご紹介しました。

バドミントンを上達させるには、アンダーハンドストロークを上達させる必要があります。
アンダーハンドストロークがうまければ、他のショットが甘くても何とかなるケースが多いです。

苦手分野になりがちなアンダーハンドストロークはササっと克服してしまいましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました